即日融資可能で審査甘いキャッシングで楽に借りたい

0be7

現在では多くの金融機関が即日融資に対応しています。営業時間や審査可能時間を間違えなければ即日融資は多くの業者で可能です。

土日祝日対応かどうかも重要です。即日融資が可能で、審査甘いキャッシングを見つけるお金を借りる方法を伝授します。

審査甘いキャッシングを見分ける6つのポイント

近年ではネットを使った申込スタイルが定着し、多くのキャッシング業者が即日融資が可能になりました。そのなかでも一定の特徴のある業者は審査が甘い傾向があります。

申し込める年齢が高い

キャッシング業者の公式サイトには申込条件として「年齢制限」が設けられています。ほとんどのキャッシング業者で利用可能な下限の年齢は「満20歳」ですが、上限の年齢が異なっています。

上限の年齢が低いということは、顧客層を狭く見積もっていて、逆のケースでは顧客層が広いことを意味します。つまり審査に甘いことが推測できます。上限の年齢が高いということは、利用者の収入が減少するリスクや病気や怪我などで返済不能になる可能性が高まるということです。

このリスクを取っているということは、審査が甘いと予想できます。

【プロミスの年齢制限】
・満20歳以上69歳以下

【楽天銀行スーパーローンの年齢制限】
・満20歳以上62歳以下

7歳もの差があります。

若いうちには気がつきにくいことですが、年齢の上限が高いほど審査は甘く、低いほど審査は厳し目な可能性があります。

年収制限を表示しているキャッシングは厳しい

キャッシングのなかには、公式サイトで明確に年収に制限を設けているものがあります。そうした商品は、表示のないキャッシングに比較して審査が厳しいと考えられるでしょう。

「一定の年収がないと審査しませんよ」と言っているわけですから、審査そのものを厳しくしている可能性が高いです。

【りそなプレミアムカードローン】
・年収400万円以上

【クレディセゾン・マネーカード】
・年収600万円以上

金利が高い

l_039

金利が高いところは審査が甘いというのは業界では常識です。審査を甘くすると、借りても返せない人までお客さんになる可能性が高くなります。甘くすればするほと、貸し倒れする確率が高まります。

キャッシング業者は利息が収入となりますが、その収入が得られないだけでなく元金も返ってこないとなると、貸した分だけ損失になります。このリスクを相殺するために、金利を高くして貸し倒れになったときに損失をあらかじめ補てんしているのです。

たとえば住宅ローンは非常に低い金利で借入できます。これは住宅なので、もし返せなければその人は住む家を失うことになります。そのため、貸し倒れになる確率が減ります。

キャッシングは基本的に担保なし・無保証人のローンです。そのため、金利を高くしてリスクを回避しているのです。

同じキャッシングでも銀行よりも消費者金融業者のほうが金利が高めですが、消費者金融業者のほうが銀行よりも審査は緩い傾向があります。

パートやアルバイトでも申し込みできる

申込条件として、「パートやアルバイト」の人でも利用可能なところは審査が甘いと考えられます。パートやアルバイトは、正社員に比較すると収入が安定していませんし、収入そのものも少なめです。

そういった人でも申し込めるキャッシングということは、顧客層を広く取ろうとしていることがうかがえます。

広めの顧客層を想定しているということは、パートやアルバイト以外の人に対する審査も甘いと考えられます。新規顧客を獲得するための無利息サービスや金利引き下げキャンペーンなどを実施しているところも、審査を甘くして広い層から顧客を募集していると考えられます。

利用条件が少ない

キャッシングを申し込むには、一定の利用条件を満たしている必要があり、公式サイトの商品紹介には条件を一覧にして記載してあります。この条件が少ないほうが審査は甘い傾向があります。

条件が多いほど顧客は絞られて、条件を少なくすれば顧客は広い層から募集しているからです。たとえばアイフルでは利用条件として上限の年齢を記載していません。アコムも同様に年齢上限はありません。

地方銀行が提供するキャッシングサービスには、その地域に「居住または勤務していること」という条件しか記載していないこともあります。こういったサービスは審査を甘くして、多くの顧客にアピールしているものと考えられます。

規模が小さい

一般に、キャッシングの審査は提供する側の規模が小さくなるほど甘くなる傾向があります

  • 都市銀行>地方銀行>大手消費者金融業者>中小の消費者金融業者

大手の業者には知名度があります。広告をどんどん出して、キャッシングに縁のない人にも知られるようになると、初めてキャッシングをする人や今までお金を借りることをしていない良質なお客さんを獲得できます。

逆に、知名度がない業者は、そういった業者の審査を通過できなかった人を顧客として取り込む必要があります。そのため、中小の消費者金融業者では大手に比較して審査が甘くなっています。

中小の業者は年齢制限もきつくないですし、金利が高め、利用上限が少ないという要素を満たしているところが多くあります。

審査甘いキャッシングで確実に即日融資を受ける6つのコツ

審査甘いと言われているキャッシング業者への申込で確実に即日で審査に通過するためには、いくつかのコツがあります。

即日融資では時間が勝負です。なるべく効率良く動きたいところです。

必要書類を用意する

キャッシングの審査では、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。申し込みをした人が確実に本人であることが証明できないと審査そのものが始まりません。

免許証やパスポートがないときには、健康保険証になりますが、これには公共料金の領収書など、もう1点の確認書類が必要になることがありますので注意しましょう。借入希望額が50万円以上になるときには、収入証明書も必要になります。

収入証明書となるもの

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月から3ヶ月)
  • 確定申告書
  • 課税証明書

平日の午後2時までに申し込む

time-800399_640

即日融資で注意したいのは、タイムリミットです。無人契約機に行けるのであれば、午後9時までに契約機に入ることができれば即日融資も可能ですが、中小の業者ではそういった便利な営業スタイルを採っていないことが多くあります。

そうなると、即日融資は銀行口座へ振り込んでもらうしかありません

銀行振込には午後3時までというリミットがあります。午後3時までに振込依頼をしないと、翌営業日に振込になります。審査には1時間程度はかかりますので、遅くとも午後2時には申し込みしておきましょう。

審査の甘い中小業者に出向いて申し込みする場合には、できれば午前中がおすすめです。あまり遅い時間帯に行くと、何かあったときに対処できません。

希望限度額を低めに

審査の通過率を上げるための有効な方法は、あまり欲張らずに希望限度額を低めにして申し込みすることです。手元の現金に余裕が欲しいからといって、必要な金額以上を希望しても、審査に通過できなければ何もなりません。

一般的には、希望額が50万円から審査はぐっと厳しくなり、逆に30万円以下は緩くなる傾向があります。10万円や5万円としておくと、審査に通過する確率は非常に高まります。そのときに必要な額だけを申し込みするようにしましょう。必要最低限を金額を把握しておくことが大切です

在籍確認に対応する

審査をスムーズに運ばせるためには、在籍確認にも対応しておきましょう。即日融資を申し込んでいるということは、職場に行っていないことが多いでしょう。そういったときに、自分が居ない職場に在籍確認の連絡が行きます。

自分の所属している部署の連絡先を伝えておき、誰か自分の存在を証明してくれる人が電話に出てくれるようにしておきます。

担当者とは誠実に対応する

審査をスムーズにするためには、担当者との電話や面談で良い印象を持ってもらうことを心がけましょう。

多くの業者では、担当者と話をするのが仮審査のときの1回きりということもあります。このときにぞんざいな態度を取るのはNGです。担当者に横柄な態度を取ったせいで信用を失うということもあります。

審査に甘い中小の業者であれば、申込者と担当者が直接面談して審査することも多くあります。社会人らしい清潔感のある服装をして、言葉遣いにも注意しましょう。

変な人、怖い人、社会的な信用のなさそうな人に対しては、業者は非常に警戒します。普通の社会人らしい態度をしていれば問題ありません。

他社借入は正しく記入する

キャッシングの申し込みでは、他社からの借入があるときには金額を正しく記入しましょう。自分でどこからいくら借りているのか分からないときには、必ず調べておく必要があります。曖昧な記憶で申告しないように注意しましょう。

他社からの借入を少なく見積もるのは厳禁です。現状を正しく把握していない人には審査は厳しくなります。また、少なく申告するのは虚偽申告として審査落ちする可能性があります。

業者は信用情報機関に加盟しており、申込者の借入状況は正確につかむことができます。取り繕って嘘をつく必要はありません。現時点でどのくらいの借入があるのか知ることは、申し込みの限度額の算出にも役立ちます。

まずは他社借入を把握しておきましょう。

「即日融資」「審査甘い」というキャッシング利用での注意

無審査ということはない

「即日融資」「審査甘い」というワードで検索すると多くの業者のホームページが表示されます。なかには「無審査」とうたっている業者もあります。こういった業者は100%違法業者です。

正規の業者には貸金業法で必ず申込者の返済能力を審査することが義務付けられています。正規業者は申込者の状況を必ず審査で確認します。無審査と言っている業者はいわゆる「闇金」と呼ばれる違法業者で、こういったところに申し込まないようにしましょう。

借入したら法外な金利で厳しい取り立てにあう可能性があります。近年では「ソフト闇金」などと呼ばれるところもあります。ソフトとは言ってますが、違法であることには変わりません。こういった業者と関わりを持たないように注意しましょう。

クレジットカードの現金化に注意

即日融資をしてくれる業者を探しているときに行き当たるのが「クレジットカードの現金化」という業者です。クレジットカードのショッピング枠で買い物をして、それを買い取る形で現金化してくれるという業者です。

これはクレジットカードの利用規約では限りなくグレーです。なかには禁止されているカードもあります。現金化業者の多くは闇金業者とつながっています。ここでも個人情報が流出してしまうリスクがあります。

どうしても即日で審査の甘い業者を探しているなら、審査の柔軟な中小の業者をあたるようにしましょう。

正規業者と闇金の違いを知っておこう

「審査甘い」という広告を見て、業者のホームページなどにアクセスしたが、どうも怪しいということがあるでしょう。こうしたときに、正規の業者なのか違法な闇金なのか見分ける方法を知っていると便利です。

正規業者はすべて「貸金業登録番号」を持っています。これは分かりやすいところに表示するという義務があり、ほとんどの場合ホームページのトップに記載されています。

この番号をコピペして、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを使って検索してみましょう。登録番号と公式ホームページの情報が一致していたら正規の業者です。勝手に正規の業者の登録番号を流用する闇金業者もいますので、注意しましょう。

まとめ

審査の甘い業者には、年齢制限が高め、金利が高いなどの一定の特徴があります。そういった業者のなかから即日融資の業者を選んでみましょう。

即日融資にはタイムリミットがあるので、なるべく早めに動くようにしましょう。